期間が短く痛みがない矯正歯科Navi@東京

ワイヤー矯正

多くの人がイメージする一般的な歯列矯正方法がワイヤー矯正です。ワイヤー矯正の治療の流れや費用目安、痛みについて詳しく紹介します。

一般的な治療方法「ワイヤー矯正」とは

歯列矯正のスタンダードな治療法が「ワイヤー矯正」です。矯正と聞いてほとんどの方がイメージするのがこの治療法で、ブラケットとワイヤーを歯に取り付けて、少しずつ歯を動かしていきます。ワイヤー矯正を使った治療の特徴や費用目安、痛み、治療の流れについて詳しく紹介します。

ワイヤー矯正の治療方法・使用装置

ワイヤー矯正は昔からある治療法のため実例も多く、安心して矯正ができる治療法です。一般的に金属を使うため、にこっと笑うとワイヤーやブラケットが輝いてしまい目立ってしまいます。そのため最近では目立ちにくいプラスチックや白いセラミックをブラケットに使う方法もあります。

それでもワイヤー自体は見えるため、さらに見えにくくするために「裏側矯正」「ハーフリンガル」という方法も用いられています。それぞれに特徴があるので、メリットに合わせて選ぶと良いでしょう。

<ワイヤー矯正の種類>

  • 表側矯正…歯の表側にワイヤーを通す一般的な方法です。装置は目立ちますが、費用負担は他の方法に比べて安くなります
  • 裏側矯正…歯の裏側に装置を取り付けるため、人目を気にすることなく矯正ができます。費用は高くなり、口腔内に違和感を感じることもありますが、接客業などで見た目を気になる方にはぴったりです
  • ハーフリンガル…上の歯を裏側矯正、下の歯を表側矯正にする方法です。見えやすい上の歯の装置を裏側にすることで見た目を気にすることなく、舌が当たりやすい下の歯を表側装置にすることで違和感を少なくします。費用も表側と裏側の半分ずつなので、全て裏側にするよりも抑えられます

ワイヤー矯正の治療期間・費用目安・痛み

●治療期間

ワイヤー矯正の場合、平均的には1~2年ほどの治療期間になります。抜歯のない簡単な治療は半年~1年と短く、大きく歯を動かす場合は2~3年など、歯並びの状態で変わります。この期間にプラス、歯の後戻りを防ぐための保定期間が1年以上かかるのが一般的です。

<ワイヤー矯正の治療の流れ>

  1. 検査を行い虫歯や歯周病があった場合は、矯正前に治療を行います
  2. ブラケットを歯面に接着(ボンディング)し、ワイヤーを顎の携帯に合わせて曲げてセットしていきます
  3. 1~2ヶ月に1回程度通院して、ワイヤー調整を続けて歯並びを治します。矯正の進行状況もチェックします
  4. 治療が終わったあとは保定期間となり、キレイな歯並びを安定させるためのリテーナーという装置を入れます

●費用の目安

ワイヤー矯正の成人費用総額は600,000円~900,000円位だと言われています。そのほかの治療方法に比べると表側矯正はスタンダードなため、一番費用が安く済みます。ただし見えにくいブラケットを選ぶなどすると、費用は高くなります。予算と見た目を擦り合わせながら、メリットの多い方法を選びましょう。

●ワイヤー矯正の痛み

ワイヤー矯正の痛みは個人差が多いと言われています。痛みはほとんど感じなかったという方もいれば激痛という方も。共通して言えるのは装置を装着した最初の頃は口内に違和感があり、食べ物を食べるのが少しつらいということ。痛みに抵抗を感じる方は、痛みの少ないブラケットやワイヤーを使用したクリニックを選ぶことで、ワイヤー矯正の痛みは随分と軽減することができます。

短期間で痛くない!
小児~高校生のための
矯正歯科クリニック

Best3

No.1

自由が丘矯正歯科
クリニック

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★★
治療方法
JETsystem

No.2

立川おとなと
こどもの矯正歯科

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★
治療方法
マウスピース

No.3

恵比寿エスト
矯正歯科

痛みのなさ
★★
期間の短さ
★★
治療方法
裏側矯正
ページの先頭へ