期間が短く痛みがない矯正歯科Navi@東京

小学生の矯正

乳歯から永久歯へと生え変わる小学生の時期は、矯正にうってつけのタイミングです。小学生で矯正をするメリットや治療法、期間などについて調べました。

小学生での歯列矯正

乳歯が抜けて永久歯が揃い始める小学生の時期は、矯正を始めるのに最も適した時期だと言えます。親もこの頃から子供の歯並びが不安になったり心配になることが多く、矯正を始める方も多くなります。低学年頃には大体の歯並びが決まる時期なので、クリニックでの相談もしやすい状態です。ただし、乳歯がまだ残っている子供も多いので、その場合まずは、乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期としての床矯正を行うこととなります。

床矯正は口の裏側にプラスチック製の床部分、表側の歯に金属線で作った装置を入れて歯を動かしていく方法です。この床矯正で上手く行くと、本格的な矯正が不要になる場合もあります

小学校高学年になると、全ての歯が永久歯に生え変わります。この時期から本格的な矯正治療が可能です。歯をキレイに整えるために顎を広げたり、噛み合わせのバランスを整えるのにも最も適した時期であり、成長途中であるため、歯を動かしやすく効果を得られやすいといったメリットがあります。

この時期の症状と主な治療法・期間

(1)床矯正

「前歯のスペースが狭い」「永久歯が生えるスペース不足」「上顎前突を伴う歯列不正」といった場合、床矯正を行います。第1期治療と言われ、未発達の顎と歯のバランスを整えることで、歯を並べるスペースを作ります。床矯正装置を入れ歯のように装着して、定期的にネジを巻きながら調整します。大体6歳~12歳までの乳歯と永久歯が混在している期間が第1期治療となります。治療目的が達成できたら一度お休みして、永久歯が生えそろうまで定期的に経過を見守ります。

(2)ワイヤー矯正

永久歯が生えそろった頃から行われるのが本格的な矯正です。「叢生(乱ぐい歯)」「下顎前突(受け口)」「上顎前突(出っ歯)」「開咬」、その他の噛み合わせなど、ほとんどの症状でワイヤー矯正が可能です。小学生も成人と同じくワイヤーで固定する装置を付けるのがスタンダードな治療方法になります。成人とちがうのは、顎の成長発育を利用できること。上顎を前後に、下顎を前や後に誘導することで、歯列を整えやすくします。第2期治療中学校まで、平均で2~3年ほどかかります。

治療後のフォローで気をつけること

矯正治療が終了しても、メンテナンスを続ける必要があります。定期的に通院して様子を見ながら、後戻りがないように保定装置を付けます。治療が終わっても保定装置でしっかり歯を安定させないと、せっかく治療したのに後戻りしてしまうことも。保定装置は矯正装置と違って取り外しができますが、指定された時間と期間を守り装着し続けることが大切です。

小学生からの矯正は成人と違って成長段階なので、治療後も定期的に検診を受けて見守る必要があります。「治療が終わったから、これで終わり」ではなく、キレイな歯並びをキープするために、クリニックと長く付き合っていきましょう。

短期間で痛くない!
小児~高校生のための
矯正歯科クリニック

Best3

No.1

自由が丘矯正歯科
クリニック

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★★
治療方法
JETsystem

No.2

立川おとなと
こどもの矯正歯科

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★
治療方法
マウスピース

No.3

恵比寿エスト
矯正歯科

痛みのなさ
★★
期間の短さ
★★
治療方法
裏側矯正
ページの先頭へ