期間が短く痛みがない矯正歯科Navi@東京

0歳~6歳までの矯正(ママができる事前対策)

0歳~6歳までの幼児ができる小児矯正とは?この時期に対策をするメリットや家庭でできる事前対策を紹介します。

0歳~6歳での歯並び対策

まだ乳歯が生えている状態の0歳~6歳。この頃、ある程度乳歯が生えそろってきた時に、歯並びが気になってきます。乳歯の段階で歯の矯正を行うことはしませんが、クリニックでは永久歯がキレイに映えてくるための土台を整えてあげることができます。

矯正の開始時期は、医師との相談の上決めるのがベストです。精神的にまだ未熟なため、矯正をするとストレスを与えたり、器具を正しく装着できないことで矯正の効果が得られないこともあります。「様子を見ていていいの?」と不安な場合も、医師に相談をすると的確なアドバイスをもらえます。

乳歯の時期は、不安なことがない場合は様子を見ていても良いですが、すでに受け口や下あごの位置がずれている場合は、早く矯正を開始することをおすすめします。また乳歯の段階で歯並びが悪いということは、すでに歯に対してあごが小さいことが考えられます。この場合は、永久歯が生えた時にガタガタになる可能性が高いため、気を付ける必要があります。

クリニックで行う「1期治療」は3歳ごろから始められます。歯並びに影響する骨格を整えることで、今後必要となる歯列矯正が簡単に済んだり、歯並びがキレイに整って矯正そのものが必要なくなるなど、メリットも多くあります。

この時期の症状と主な治療法・期間

  1. 癒合歯となりどうしの歯がくっついてしまっている状態です。乳歯では4%程度の確率で認められています。対策法としては、そのままでも大丈夫ですが、定期的に医師に観察してもらうと尚良いです。ただし永久歯と生え変わるときに、下から生えてくる永久歯の隙間が足りなくなり、上手く生え変わらない時があります。
  2. 過剰歯正常な歯の数より多くなってしまうことを指します。通常乳歯は20本なので、これ以上多くある歯が過剰歯と呼ばれます。乳歯の過剰歯はそのまま経過を見て、下から生えてくる永久歯に影響しないタイミングで抜歯することになります。
  3. 先天性欠如本来あるべき歯がないことを先天性欠如と言います。何らかの理由で歯が作られる卵のようなものができず、例えば本来4本必要な前歯が3本しかなくなったりします。先天性欠如もそのまま様子を見て、永久歯が出てくる隙間が足りなかったりするなど影響が出る場合のみ、矯正で顎を広げていきます

お父さん・お母さんができること

0歳~6歳の乳歯のうちは、まだまだ成長途中のため、ある程度家庭でできることで対策や予防をすることが可能です。例えば、歯並びの悪さの原因になる「顎の小ささ」は、普段からたくさん噛むようにすることで顎の増骨細胞が育まれて、顎を大きく成長させることができます。

基本的には食事の時に咀嚼をたくさんさせます。口当たりが良いもの、柔らかいものは小さな子供も食べやすく好みますが、顎の成長にはつながりません。できるだけ小さなうちからよく噛むクセを付けるように、硬いものをあえて食べさせてあげます。例えば、おやつならお煎餅をあげたり、カレーなら具材を大きくして噛むようにするなど、対策をすると良いでしょう。

短期間で痛くない!
小児~高校生のための
矯正歯科クリニック

Best3

No.1

自由が丘矯正歯科
クリニック

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★★
治療方法
JETsystem

No.2

立川おとなと
こどもの矯正歯科

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★
治療方法
マウスピース

No.3

恵比寿エスト
矯正歯科

痛みのなさ
★★
期間の短さ
★★
治療方法
裏側矯正
ページの先頭へ