頼れる矯正歯科専門クリニックNavi@東京 » 矯正歯科のキホンまるわかりQ&A

矯正歯科のキホンまるわかりQ&A

矯正治療とは?痛みはあるの?費用はいくら?など、気になる矯正歯科の基本をまとめて紹介します。

矯正治療とは?

矯正にかかる費用と期間

“矯正は高い”とのイメージがある通り、ほとんどの症例での矯正は自由診療になるため、治療費の全額が自己負担となり、トータルで700,000円~1,000,000円程度はかかると言われています。大人と子供では治療の期間や流れが違うため、多少費用は変わりますが、それでも高額であることには間違いありません。また治療に必要な期間は1~2年、歯の移動量が多い場合は2~3年必要です。その後、保定装置を入れて歯を安定させる必要もあるので、矯正治療は長い時間がかかることを覚悟しておきましょう。

矯正の痛みは

歯に装置を当てて力を加えて動かすというシステムなので、どうしても矯正治療には痛みが伴います。特に装置を入れた最初は慣れない痛みにより、食事をするのも辛くなるという方も。最近では痛みを少なくして矯正を楽しくできるように開発された治療もあるので、とにかく痛みがいやだという方は、そのような治療法を扱っているクリニックを選びましょう。

失敗しない矯正歯科の見つけ方は?

歯列矯正は歯科医師であれば、誰でも治療できます。とはいえ、歯科医師の中でも特に治療の経験や知識に優れたドクターを探す方法がありますので、歯医者選びに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

矯正治療に最適な時期とは?

「矯正するなら小さいうちに」とはよく言われます。もちろん、骨の成長が進んでいる時期からの治療が望ましいですが、成長してからでも矯正治療は受けられます。

どのタイミングでの受診が最適なのかを紹介しています。

矯正治療を受けないデメリット

矯正治療を受ける際、必ず口の中に装置が入ります。そのため、喋りにくい・虫歯や口内炎ができやすい・目立って嫌などの理由で躊躇っている方もいるでしょう。

しかし、矯正治療を受けないことでのデメリットは多く、将来の健康にも関係してきます。考えられるデメリットを列挙しています。

矯正治療に必要な歯並びとは?

矯正治療とは、力を加えられるとその方向に移動する歯の性質を利用して、装置を使って力を加え、少しずつ移動して、悪い歯並びや噛み合わせを治していく治療のことです。

悪い歯並びや噛み合わせは「不正咬合」と言います。不正咬合には、上顎前突(じょうがくぜんとつ)、下顎前突(かがくぜんとつ)、開咬(かいこう)、叢生(そうせい)などの種類があり、症状に合わせて治療方針や装置を選びながら、歯列矯正を行っていきます。

矯正治療は虫歯になりやすい?

矯正治療では歯の表面に装置を着けます。そのため、虫歯になりやすいのではないか、と心配される方もいるようです。そこで、矯正治療中に行っておきたい、虫歯ケアの方法をまとめました。

引っ越したら治療は中断?

歯医者さんを探すとき、多くのケースで自宅近くのクリニックを探されると思います。その際のポイントとして、将来、転勤などの可能性がある場合の、クリニックの選び方を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

矯正歯科の選び方とは

矯正歯科の選び方について説明しています。複数の矯正歯科クリニックを比較するチェックポイントも紹介しています。