頼れる矯正歯科専門クリニックNavi@東京 » 矯正歯科のキホンまるわかりQ&A » 引っ越したら治療は中断?

引っ越したら治療は中断?

中長期にわたる歯列矯正の治療途中で引っ越すことになった時に転院することができるのかを説明します。

歯列矯正の治療途中で引っ越す場合の手続きや費用など

歯列矯正の治療は数年かかるケースも珍しくありません。治療をスタートしてから、意図せず引っ越しをすることもあるでしょうし、その場合は注意すべき点があります。

歯列矯正の転院手続き

転院する場合は、現在治療を受けているクリニックに申し出て手続きをする必要があります。引っ越しが理由であれば手続きは粛々と進むと思いますし、場合によっては引っ越し先に近い、同種のクリニックを紹介してくれることもあるかもしれません。

歯列矯正の転院に伴う費用

歯列矯正の治療は多くが自由診療であり、クリニックによって料金体系や支払方法も異なります。治療途中での転院となると、一旦精算をすることなりますが、初期に一括支払した場合は返金を受けられるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

また、新しいクリニックでは改めて検査をするなど一定の出費がかさむことは避けられません。

歯列矯正の治療自体は継続されるのか?

一番気になるのは、治療そのものが引き継がれるのかどうか。治療方法自体、症状や状態などによって千差万別ですし、転院するクリニック次第では異なる治療方法を提案されることもあります。

そこで、できるだけ転院後も治療を継続するためのポイントを2点紹介しましょう。

スタンダードな治療法を選ぶ

矯正治療の装置は様々な種類があり、中には「クリニックオリジナルの装置」や「院長独自の手法」での治療を謳う矯正歯科もあります。

このようなクリニックで治療をスタートし、万が一、転勤などで東京から離れなければいけなくなった場合、同じ方法で治療してくれるクリニックを探すのは一苦労。

定期的に東京へ戻れるのであれば、継続して通院も検討できますが、交通費や移動時間を考えると、転院したほうが経済的にも体力的にも得策です。

想定される矯正治療の期間中に、転勤などの可能性がある人は、どのクリニックでも対応できる矯正方法を選びましょう。

各地に拠点を持つ専門クリニックを選ぶ

転院をスムーズに進める方法として、各地に拠点を持つクリニックを選ぶことをおすすめします。

例えば東京と大阪、名古屋や札幌など、国内の大都市に系列院を構えるクリニックもあります。それらのクリニックが転居先から通院可能であれば、同じ方法・装置での治療が継続できます。

治療方法が決め手で専門クリニックを選んだのに、転居によってムダになることのないよう、矯正治療の専門医を比較する際は中長期視点も持つのが賢明です。