頼れる矯正歯科専門クリニックNavi@東京 » 矯正歯科のキホンまるわかりQ&A » 矯正治療を受けないデメリット

矯正治療を受けないデメリット

虫歯や歯周病リスクをはじめとする、歯列矯正しないことによるデメリットについて紹介します。

全身やメンタルにも悪影響!?歯列矯正しないことのデメリット

歯並びが悪く、上顎と下顎の噛み合わせがよくない状態を不正咬合と呼び、それが引き起こすリスクともいえる主なデメリットを6点ピックアップしましょう。

虫歯や歯周病になりやすくなる

これは容易にイメージできると思いますが、歯並びが不規則だと隙間に食物が溜まりやすくなりますし、歯磨きをしても食べカスが残ってしまいがち。歯並びが整った人と比べた場合、虫歯や歯周病になるリスクが高まってしまうのは避けがたいところです。

食事の栄養吸収で消化器官に負担をかける

食物を十分に咀嚼することができないと、せっかくの栄養を吸収するにも胃腸など消化器官により大きな負担をかけてしまいます。また、噛み合わせが悪いと、硬めの食物が噛みにくく、自分ではちゃんと咀嚼しているつもりでも、噛み残しになりやすいのです。

成長期の顎の発達を阻害する

歯並びが悪いと、噛んだ時に顎に加わる力のバランスが均等化しないため、それによって上顎と下顎が歪んで、顔立ちにも影響を及ぼします。これが成長期には大きな問題で、本来の健やかな顎の発達を阻害することにもなりかねません。

頭痛や肩こりの原因にもなりえる

頭痛や肩こりに悩まされている人の中には、歯並びの悪さが原因となっているケースがあります。噛み合わせの悪さは、このように身体全体にもよくない影響を及ぼします。

発音が悪くなる

いわゆるすきっ歯の状態だと息が漏れるように、歯並びが悪いと正確に発音するのが難しくなることがあります。

メンタル的なストレスになる

歯並びが悪いと歯を見せて笑うのがためらわれるなど、ストレス要因にもなりかねません。出っ歯や受け口などといわれる状態も、人によってはコンプレックスとなることもあるでしょう。

目立たずに治療できるマウスピース矯正

歯列矯正するにも矯正装置を装着する方法だと、見た目が目立つことや日常的なケアが手軽ではないことなど、治療する側にとってネックとなる要素があります。

その点、インビザラインをはじめとするマウスピース矯正なら、目立たず比較的手軽に矯正治療することができます。