頼れる矯正歯科専門クリニックNavi@東京 » 矯正歯科のキホンまるわかりQ&A » 歯列矯正で失敗しないために

歯列矯正で失敗しないために

歯列矯正を受けた方の中には失敗してしまう方も少なからずいます。どのような状態が失敗なのか、例を挙げて紹介します。

万が一のために知っておきたい「失敗例」

歯列矯正をするには、トータルで高額になる費用と長い治療期間が必要となります。だからこそ失敗するわけにはいきません。とはいえ実際に歯列矯正を受けて、失敗したと感じる方も少なからずいるのが現状です。そもそも歯列矯正の失敗とは、どのようなことなのか、その一例と失敗しないための対策方法を紹介します。

歯列矯正の失敗例とは

一般的に歯列矯正の失敗とは、以下のようなことを指します。

失敗しないためには歯科選びが重要

「矯正前と同じ状態に戻る」「虫歯や歯周病が進行する」「噛みにくくなる」「審美性が下がる」などの失敗例を防ぐには、何よりも矯正歯科選びが重要になります。正しい矯正歯科選びをしてさえいれば、全て未然に防ぐことができたはずです。

では、矯正歯科を選ぶにはどうしたら良いのかと言うと、一つの目安として「日本矯正歯科学会の認定医・専門医の資格を持っていること」が挙げられます。通常歯科医師免許を持つ医師は矯正を含めたあらゆる歯科治療を行うことができますが、認定医・専門医は、その中でも矯正への知識や技術がある医師でないと持つことができません。

認定医・専門医の資格を保有していることを軸にして、最新の医療を常に勉強し続けているか、説明は十分かなどを判断して、納得できるクリニックを探しましょう。

日本矯正歯科学会認定の
認定医・専門医がいる
東京のおすすめ矯正歯科リスト