期間が短く痛みがない矯正歯科Navi@東京

歯列矯正で失敗しないために

歯列矯正を受けた方のなかには失敗してしまう方も少なからずいます。どのような状態が失敗なのか、例を挙げて紹介します。

万が一のために知っておきたい「失敗例」

歯列矯正をするには、トータルで高額になる費用と長い治療期間が必要となります。だからこそ失敗するわけにはいきません。とはいえ実際に歯列矯正を受けて、失敗したと感じる方も少なからずいるのが現状です。そもそも歯列矯正の失敗とは、どのようなことなのか、その一例と失敗しないための対策方法を紹介します。

歯列矯正の失敗例とは

一般的に歯列矯正の失敗とは、以下のようなことを指します。

  • 「通常の矯正よりも短い期間で治せる」ということでお願いしたが、治療をあせっているためか歯の根が溶けて短くなったり、歯が抜けてしまう
  • 最初の診断が間違っていたため、治療終了後に上下の歯がかみ合わない状態になってしまう。
  • 十分なスペースがないのに歯を抜く診断をせず、結局、矯正治療後に元の歯並びになってしまう
  • 局所的な矯正治療で完治するとの診断を下したが、歯列全体に歯並びが悪くなる根本原因があったため、原因が解決できずに、結局歯並びが元に戻ってしまう。
  • 治療開始前から虫歯と歯周病の予防を開始したり、治療中も対策が必要なのに適切に行われず、矯正治療中に虫歯や歯周病が進行してしまう。
  • 歯並びはキレイになったが噛みにくい歯並びのため、食事をするたびに顎に負担がかかるようになる。部分的に強い力が加わってしまうため歯が割れたり、歯周病がひどくなってしまう
  • 正面から見るとキレイな歯並びになったが、横から見ると以前よりも口元が飛び出るようになりバランスが悪くなってしまう

失敗しないためには歯科選びが重要

「矯正前と同じ状態に戻る」「虫歯や歯周病が進行する」「噛みにくくなる」「審美性が下がる」などの失敗例を防ぐには、何よりも矯正歯科選びが重要になります。正しい矯正歯科選びをしてさえいれば、全て未然に防ぐことができたはずです。

では、矯正歯科を選ぶにはどうしたら良いのかと言うと、一つの目安として「日本矯正歯科学会の認定医・専門医の資格を持っていること」が挙げられます。通常歯科医師免許を持つ医師は矯正を含めたあらゆる歯科治療を行うことができますが、認定医・専門医は、その中でも矯正への知識や技術がある医師でないと持つことができません。

認定医・専門医の資格を保有していることを軸にして、最新の医療を常に勉強し続けているか、説明は十分かなどを判断して、納得できるクリニックを探しましょう。

短期間で痛くない!
小児~高校生のための
矯正歯科クリニック

Best3

No.1

自由が丘矯正歯科
クリニック

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★★
治療方法
JETsystem

No.2

立川おとなと
こどもの矯正歯科

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★
治療方法
マウスピース

No.3

恵比寿エスト
矯正歯科

痛みのなさ
★★
期間の短さ
★★
治療方法
裏側矯正
ページの先頭へ