期間が短く痛みがない矯正歯科Navi@東京
東京で認定医・専門医がいる矯正歯科を徹底リサーチ!  » 矯正歯科のキホンまるわかりQ&A » 痛くない矯正をするには?【賢い矯正歯科の選び方】

痛くない矯正をするには?【賢い矯正歯科の選び方】

矯正歯科をするにあたり、気になるのが治療中の痛みです。できることなら痛みを感じずに歯をキレイにしたいもの。どのような痛みがあるのか、またそれを軽減するにはどうしたら良いのか、対処法を紹介します。

矯正治療で起きる「痛み」を軽減するには

歯を矯正するというと、どうしても「痛さ」をイメージする方が多いと思います。凸凹とした歯を矯正装置で抑える痛みや、器具が口内に入ることで起こる痛みなど、歯列矯正には痛みが少なからずつきまとうものです。では矯正中に起こる具体的な痛みには何があるのか、痛みを少しでも軽減するための方法を紹介します。

矯正中の痛みの種類

歯列矯正している間の痛みは、大きく分けると3種類あります。

(1)装置を装着する痛み

最初に矯正装置を歯に押し込む時に、多くの方が痛みを感じます。特に付け始めは違和感と痛みを強く感じますが、徐々に慣れてきて痛みも少なくなります。

(2)矯正する力によって炎症反応が起こる痛み

歯を矯正する力を加えることで、歯茎などに炎症が起きやすくなります。徐々に歯を動かすため、何もしていなくても痛むことがあります。こちらも慣れてくると痛みが治まり、炎症も起きにくくなります。

(3)装置が当たることによる痛み

ブラケットやワイヤーが口内に当たることによって、擦れて痛みが発生します。装置が接触する状態になっているため、強く当たる場所は口内炎になってしまうことがあります。装置が当たり、口内炎になる方はとても多いようです。

痛みを軽減するためには

今まで何も力が加わっていなかった歯を装置で強制的に動かすため、ある程度の痛みは仕方がないのかもしれません。ですが、ひどい痛みを我慢し続けるのは辛いものです。

痛みを軽減するためには矯正ワックスというものを使って装置が口内に当たる部分の擦れを和らげたり、唇を保護するリップガードを付けるという方法もありますが、最初から痛みを感じにくい治療方法を選ぶという選択肢もあります。的確な位置にブランケットを装着して、適切な力で引っ張ることで、痛みから解放されるJETsystemというものもあるので検討してみましょう。

また、痛みについて相談しやすいように丁寧なカウンセリングやアフターフォローをしてくれるクリニックを選ぶのもポイントです。「矯正は痛いものだ」なんて言わずに、歯の状態を細かく診断して痛みから解放される治療方法、万が一痛みが出た場合にどのようにフォローしてくれるのかなどを相談しておくと痛みへの不安感が少なくなります。

短期間で痛くない!
小児~高校生のための
矯正歯科クリニック

Best3

No.1

自由が丘矯正歯科
クリニック

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★★
治療方法
JETsystem

No.2

立川おとなと
こどもの矯正歯科

痛みのなさ
★★★
期間の短さ
★★
治療方法
マウスピース

No.3

恵比寿エスト
矯正歯科

痛みのなさ
★★
期間の短さ
★★
治療方法
裏側矯正
ページの先頭へ