頼れる矯正歯科専門クリニックNavi@東京 » 矯正歯科のキホンまるわかりQ&A » 矯正治療に最適な時期は?

矯正治療に最適な時期は?

永久歯が生え揃う前なのか後なのか、歯列矯正治療にもっとも適した時期について紹介します。

一般的に歯列矯正を検討する時期とは

まずは一般的に歯列矯正を検討する時期として挙げられる3つのポイントを整理してみましょう。

6歳未満の幼児期に歯並びが気になる場合

一般的に乳歯が生え揃うのは2歳半から3歳半といわれています。一方、永久歯が生え始めるのは小学校に入る時期からなので、6歳未満の時期とは乳歯の歯並びがポイントとなります。

親目線で考えれば、我が子の乳歯が生え揃った段階で歯並びが悪いと、かなり気になることでしょう。摂食に悪い影響を及ぼすのではないか、歯列矯正するならできるだけ早い時期の方がよいのではないか。そんな不安が過るのも致し方ないところ。

しかし、この段階で歯列矯正を推奨する歯科医はそうそういません。子ども自身が治療を嫌がるでしょうから、ストレス要因にもなりかねませんし、より成長してからでも歯列矯正は可能。不安であれば、この時期から歯科医に相談しておく程度にとどめるのが賢明です。

6歳から中学生頃までの成長期に歯並びが気になる場合

子どもの成長には個人差がありますが、この時期は永久歯に生え替わっていく時期。永久歯が生え揃って歯並びが悪ければ歯列矯正をきちんと検討したいとこと。

ただし、歯並びだけでなく顎の骨格や身体の成長、そして歯の噛み合わせなども含めてベストの時期は変わってきます。これは本当にひとりひとり状態が違うため、素人が個人判断できるものではなく、矯正歯科に相談する必要があります。

高校生以降の成人期に歯並びが気になる場合

これも個人差がありますが、身体の成長が落ち着いた時期で、歯並びの悪さが気になる場合はいつでも歯列矯正に取り組むことができます。

強いていえば、時間の自由度が高い学生のうちに治療しておくのもいいでしょう。

インビザライン治療を受けるのに適した時期とは

マウスピースを使った歯列矯正治療であるインビザライン治療を受けるなら、永久歯が生え揃ってから。小学校高学年から中学生卒業までといった時期に充たるケースが多いでしょう。

インビザライン治療は従来型の矯正装置に比べれば患者の負担も軽いのですが、難易度の高い症例に対応できる矯正専門医はまだまだ多いとはいえません。相談自体は早めにしておくのもいいでしょう。